小さな虫歯も見逃さない。発揮されるマイクロスコープの実力

顕微鏡を使った歯科治療って?

マイクロスコープと呼ばれる顕微鏡を使って治療を行う歯科医院が増えてきています。これまでも拡大鏡を使っている先生はたくさんいましたが拡大鏡は倍率が上がるほど視界が暗くなってしまうデメリットもありました。しかしマイクロスコープは非常に明るいライトを搭載していますので倍率をあげても視界は明るいまま治療を行うことができます。小さな虫歯も取り残すことが無く除去しまた、健康な歯を無駄に削らない治療を可能にしたのがマイクロスコープを使った歯科治療です。

歯医者さんなら誰でも使えるの?

マイクロスコープを使った治療にはある程度の訓練が必要です。マイクロスコープを使いこなすまでには経験とトレーニングが欠かせません。またマイクロスコープ自体、高額な医療機器であるためどこの病院にもある訳ではありません。歯の神経の治療、根幹治療を専門とする医院では保有率が高いようです。虫歯治療以上に根幹治療ではより精密さを要求されるため、使っていらっしゃる先生が多いようです。ホームページを持っている医院のサイトではマイクロスコープの使用を記載しているのでインターネットで簡単に調べることもできます。

マイクロスコープのメリットデメリット

メリットはやはり高精密な治療が可能になることです。どんなベテラン医師でも肉眼ではやはり限界があります。また、デメリットとしては高度な治療ゆえに健康保険の扱いがなく治療費が自費となりどうしても高額になってしまうことです。保険治療と自費診療では金額は一ケタちがうことも珍しくありません。しかし、正確な判断のもとで行う精密な治療にはやはり価値があると言えるでしょう。実際に削る量が最小限でしたら神経を抜かなくても良い場合もあり、結果的に、生涯自分の歯で食事ができる生涯を送ることができるのです。

歯の根管には神経があり、虫歯が進行して痛みが強い場合は神経を抜かなければいけないこともあります。これらのことを根管治療と言います。